SS事業・太陽光発電など稲田鉱油株式会社にお任せください

高品位尿素水 AdBlue(アドブルー)

アドブルーの物性とシステム概要

アドブルーは危険物・毒劇物の指定はありません。ただし、水質汚濁防止法令が適用されるため、残液及び、残液を含む空容器を廃棄する場合には都道府県知事の許可を得た産業廃棄物処理業者に委託し、適切な処理をしてください。
アドブルーの主成分は尿素。純水に高純度の工業用尿素を溶かして製造する無色・透明の尿素水溶液です。ディーゼル車に取り付けられた触媒内部にて排出ガスに対して噴霧され、大気汚染の原因とされている窒素酸化物を窒素と水に分解します。尿素水は無色、無害の液体で化粧品、医薬品や肥料などにも使われています。アドブルーは、無害で安全な製品のため、取扱いに特別な資格も必要ありません。
アドブルーは、危険物・毒劇物の指定はありません。国内の気候下での長期保存が可能です。ただし、直射日光は避けて、風通しの良い場所に保存してください。(アドブルーは-11°C以下で結晶化します。)

原理としては、アンモニア(NH3)が窒素酸化物(NOx)と化学反応することで窒素(N2)と水(H2O)に還元されることを応用したもので、火力発電所や船舶の排気ガス処理システムにヒントを得ている。ただしアンモニアを車両に積むのは危険なので尿素水をタンクに入れて搭載し、これを排気中に噴射することにより高温下で加水分解させアンモニアガスを得る。このアンモニアによりNOxを還元しN2(窒素ガス)とH2O(水蒸気)を得るものです。

尿素SCRシステム

ページ先頭へ