SS事業・太陽光発電など稲田鉱油株式会社にお任せください

高品位尿素水 AdBlue(アドブルー)

アドブルーの環境性

日本では地球環境と国民健康の保護を目的として、ディーゼル車から排出される窒素酸化物(NOx)及び粒子状物質(PM)に関し、世界最高水準である厳しい規制がかけられています。
NOx削減とPM削減という背反する命題を解決するための一つの方法として、「尿素SCR(Selective Catalytic Reduction:選択(的)触媒還元)システム」と呼ばれるものが、考えられました。
具体的には排気ガス中に尿素水を噴霧することでアンモニアによる還元反応を利用し、NOxを無害な窒素と水に分解します。この尿素SCRシステムの導入により厳しい基準値をクリアーできるばかりでなく、他の排出ガス抑制技術に比べ燃費の改善が期待できること、エンジンに対する負荷が少ないこと等の理由により、同システムはトラック・バス製造各社に採用され、また日本だけでなくディーゼル車の割合が高い欧米においても排出ガス対策の主流となっています。
このシステムに使用する尿素水は、システム保護と性能の確保という観点から非常に高いスペックが求められており、スペックを満たす製品のみがドイツ自動車工業会(VDA)が認めたアドブルーを名乗ることができます(アドブルーはドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標です)。つまりアドブルーとは、「高品位尿素水」であることの証明なのです。これは全世界的に使用されている商標であり、欧米及び日本国内自動車各社は尿素SCRシステムに対しアドブルーを使用することを指定・推奨しています。
稲田鉱油株式会社では環境問題に対する取り組みの一環として、このアドブルーの販売を行っております。

ページ先頭へ